BLOG
2018.11.14 OWN接待レストラン S木

接待にも喜ばれるイタリアン「キッチャーノ」~他では食べられない、シェフこだわりの肉を堪能できるレストラン

タスマニア産パスチャーフェッド牛肉を堪能するイベントを体験

フードジャーナリストの小松宏子さんに誘ってもらい、赤坂のイタリアン「キッチャーノ」へ。(公式HPはこちら )
小松さん曰く、肉マニアの山縣シェフがこだわりにこだわった美味しい熟成肉が食べられるレストランとのこと。肉好きとしては楽しみです。

本日いただいたのは、タスマニア産パスチャーフェッド(牧草放牧)牛肉を堪能するイベントの特別コース。2019年1月14日(月・祝)~2月28日(木)期間限定イベントのコースです。ひと足先に体験させていただきました。

切り立てのプロシュート 赤肉メロン添え

左◇プロシュートの上にジューシーなメロン。間違いなく美味しい! 右◇中に胡桃が入ったパンも。

イタリア産生ハム2種類

24か月熟成したもの。これも味がしっかり出ていて美味しかった。食べるのに夢中で写真撮り忘れました・・・。

クラシックスタイルの牛肉の前菜ワゴン3~5種、チーズの前菜

左◇ワゴンで運ばれてきてワクワク。前菜からお肉を堪能できます。放牧牛肉の自家製コンビーフなど、いろんなお肉を少しずつ。右◇ふわふわであったかいチーズ。

特選牛肉のパスタ~ケープグリムビーフのコンソメとそのトルテリーニ

コンソメスープがいい香り~。トルテリーニの中にはケープグリムビーフ。さっぱり美味しい。

ケープグリムビーフのタンの赤ワイン煮のリゾット

柔らか~いケープグリムビーフのタン。赤ワイン煮のソースも美味しい。リゾットとの相性も抜群です。

メインの熟成肉~特製牛肉2種類の食べ比べ

いよいよメインの肉の食べ比べ! どちらの牛肉も本国ではプレミアム感の高い牛肉として定評があり、高級レストランやホテルを中心に好評とのこと。肉の旨味を最大限に引き出す炭直火焼き。
左◇タスマニア産「ケープグリムビーフ」パスチャーフェッド。タスマニア州は、オーストラリアの中でも良質の牧草が育つ場所。しかも一年中新鮮な草が食べられるので、この生の牧草だけをふんだんに食べて育った牛肉は、栄養価も高く、柔らかく、深い味わいがあります。
右◇「ジョンDショートグレイン」。北部のクィーズランド州は雨季と乾季の区別があるため、生草と乾燥した草の両方、さらに大麦を中心とする安全な飼料で育った牛肉。

どちらも美味しい!途中、キプロス島の塩などつけたりといろいろ味の変化も楽しみながら堪能しました。つけあわせのズッキーニなどのお野菜も美味しい。

デザート

盛り合わせとレモンのシャーベット。ティラスのちょっぴりのほろ苦さ、そしてシャーベットのレモンのすっきり感がさっぱりしてて美味しい。

どうですか、このこだわりのお肉三昧のコース。お腹いっぱい、大満足。ちなみに私、アラフォーですが、赤身の牛肉なので、もりもり残さず食べられました。

肉マニアのシェフがこだわった特別コース、お肉のお話もしながら接待やディナーで会話もはずみそうです。(S木)

●「タスマニア産パスチャーフェッド牛肉を堪能するイベント」
2019年1月14日(月・祝)~2月28日(木)
価格:1万2000円(税・サービス10%別)

【キッチャーノ
2011年3月、ステーキを中心とする肉にこだわったイタリアン、Specialita di Carne(肉のスペシャリスト)として開業。以来、7年以上にわたり、熟成、焼きを含めたノウハウを蓄積し、牛の品種や部位に見合った調理法にこだわり続けています。定期的にイベントを開催予定。

住所:東京都港区赤坂3-13-13 赤坂中村ビルB1
☎03-3568-1129
営業時間:ランチ 月~金曜 11時30分~14時30分(L.O.14時)、ディナー 月~土曜・祝日 18時~23時(L.O.21時30分)
定休日:日曜
席数:34席(全席禁煙)
オンライン予約はこちら