働く女性の「こんなの欲しかった!」に応えるキプリスの革小物。

キプリスの革小物
右:ジェッターウォレット<W19.2×H10×D2cm>2万8000円 中:ハンサムクラッチ<W27×H21×D6cm>3万6000円 左:スマートウォレッチ<W16.5×H10×D1.8cm>2万3000円(以上キプリス)

 

「メンズの技術に裏打ちされた女心
働く女性のための全く新しい革小物です」

―― “キプリス”クリエイティブディレクター 小島康子さん ――

キプリス クリエイティブディレクター 小島康子さんレディスのシューズやバッグなどの革製品を、長らく手掛けてきた革のスペシャリスト。革質や仕立ての良さを見極める目は確か。

「レディスの革小物はメンズ仕立てを踏襲することが多く、色だけフェミニンに載せ替えてあとは妥協しがちです。もっとかゆいところに手が届く機能や、女心に響くかわいらしさが欲しい。そんな思いが募って、働く女性のための新しい革小物を作ることにしました」
 百貨店のバイヤーズ賞を10年以上連続受賞したこともあるキプリスは、熱狂的な男性ファンをもつジャパンメイドの革小物ブランド。そのレディス部門のデザイナーである小島康子さんは、女性の革小物に革命を起こす、そんな決意をもって新作作りに挑んだ。
「メンズ商品主体のファクトリーで、女性と男性の美学を融合させること。これが最も困難でした。直線の美しさなど、作りは男性の美学を踏襲。その一方で、ネイルした指でもスムーズに出し入れができる機能的な“ハニーセル®ポケット”や、手にしたときの柔らかさ、バッグから取り出すたびに気持ちの上がる高揚感を大切にしました。普段はビジネスマン向けの革小物を製作している職人と二人三脚で作り上げた新作は、用の美が冴え渡る、女性のための全く新しい革小物になっています」
 OWN世代にも刺さる新生キプリス、次からそのラインナップを見ていこう。

 
ハンサムクラッチ
キプリスのハンサムクラッチ2室備わるバイカラークラッチは、手前に名刺やモバイル機器などが入るキプリス自慢の“ハニーセル®ポケット”を装備。奥はタブレットの収納スペースで、社内移動もスマート。バッグ・イン・バッグとしても重宝する。

 
ジェッターウォレット
キプリスのジェッターウォレット本のように開く作りの長財布には、パスポートから搭乗券、スマホ、ペン、お札、コイン、カード7枚に至るまですっぽり。出張や旅行の際、機内ではこれ一つで身軽に過ごせる。銀行の通帳や母子手帳も入るサイズ感だ。

 
スマートウォレッチ(ウォレット+クラッチ)
キプリスのスマートウォレッチオリジナルの金具が、ジュエリーライクな華やぎを添えるラウンドジップ財布。スマホをはじめ、お札やコイン、8枚ものカードが収まる作り。ストラップ付きなので、ランチやカジュアルなパーティまで活躍する。

 

次のページ > > キプリスの工房に潜入! 屋台骨を支える職人の手仕事とは?