BLOG
2018.5.23 OWN編集部 S木

『女は服装が9割~なぜか大切にされる人のルール~』を読む。

OWNの読書時間~人は見た目で人生が変わる!?~

仕事服の本、マナー本、ビジネス書などをOWNのページ作りの参考としてよく読んでおりますが、今月は吉村ひかるさんの『女は服装が9割』を拝読。

▲『女は服装が9割~なぜか大切にされる人のルール』吉村ひかる著 1400円/毎日新聞出版

“女性のビジネススタイルのさじ加減”

働く女性のスタイルを提案しているOWNですが、男性より曖昧なルールの女性のビジネススタイルは、昨今のカジュアル化もあり、さじ加減が難しい・・・・・・。

そんな中OWNでは、働く女性のリアルな声、女性管理職の先輩のアドバイス、ビジネススタイルのプロの意見、ファッションのプロのスタイリストと話し合いながら、そして、大人としてマナー違反にならないルールを踏まえた上で、上質で知的で素敵なスタイルを提案できるようにしています。

会社は未だ男性社会ということもあり、男性の中にいても浮かない服、管理職にふさわしい服、部下に怖がられない服など考えれば考えるほど、一体何を着たらいいの?どこで買えばいいの?と、仕事服難民になっている女性たちの声を聞きます。また、同じ役職でも女性というだけで、服装がチェックされるということもよくありますよね(小池百合子都知事しかり)。

“女性は見た目で人生が変わる!?”

さて、本書『女は服装が9割~なぜか大切にされる人のルール』。女性が仕事関係や恋愛などの人生を変えるために、“見た目”をどう変えれば効果的なのかを具体的に書かれています。

著者の吉村ひかるさんは、元三越の国際イメージコンサルタント。10万人をコンサルしてきた実績の持ち主です。本書では三越時代の接客のエピソードや、イメージコンサルタントとして服のアドバイスをした方が実際に転職に成功したり、人間関係を好転させたりというエピソードも掲載。また、コーディネートの方法、服のメンテナンスや収納法、買い物の仕方まで、細かくレクチャー。

吉村さんのいう“見た目”とは、服装だけではなく、歩き方、雰囲気、立ち振る舞いも含みます。本書は、大人になれば、生まれもっての美人というより、気遣いから生まれる服装、自分の価値を高める服、美しい所作、丁寧さなどを身につけることが、女性を素敵に見せてくれる。人生を変えてくれる。そして大切にされる。ということを教えてくれます。

服選びに迷いがある、人生を好転させたい、見た目を変えたいという方の参考になりそうです。(S木)

 

著者PROFILE
吉村ひかる Hikaru Yoshimura
株式会社BEST GRADE代表取締役。国際イメージコンサルタント。東京女子大学と文化服装学院をダブルスクールで卒業後、㈱三越(現・三越伊勢丹ホールディングス)に入社。19年間の在職中の接客数は10万人以上に及ぶ。国際イメージコンサルタントとして独立後、イメージコンサルティングを受けた顧客(政財界、士業、コンサルタント、営業職)のほぼ100%が売り上げをアップさせたという伝説を持つ。