NEWS
2018.4.16  OWN編集部 S木

ホテルで『美女と野獣』の世界が楽しめる。

ディナーもスイーツもロマンティックなシーンとともに

世界中で愛されている不朽の名作『美女と野獣』。昨年公開された実写版映画の人気で、ますます注目を浴びていますよね。

今、京王プラザホテルで「バラに恋した美女と野獣」のフェアが開催されています(6月30日まで)。
館内レストラン・ラウンジ4店舗では、各料理長が物語の世界観を表現した特別メニューを味わうことができます。さらに華やかに飾られたフォトスポットも! ドレスアップして記念撮影するのも楽しそうです。

 

宮殿のブッフェ

▲2階/スーパーブッフェ「グラスコート」。ランチ大人1名平日3600円、土日祝4100円。ディナー大人1名平日5600円、土日祝6600円。サービス料・税金込。※5月31日(木)まで。

スーパーブッフェ「グラスコート」では、『宮殿のブッフェ』と題し、料理長・坂下 賢氏がつくる童話の生まれたフランス郷土が味の数々が。作者ボーモン夫人の生誕地、ノルマンディー地方にちなんだ“サーモンのロースト ノルマンティー風”や、アルザス地方の郷土料理“キッシュロレーヌ”、さらに“タルトフランベ”、宮殿のパーティをイメージした“ローストチキンと焼き野菜”など。また、主人公・ベルのドレス姿を彷彿とさせる、クレープ生地をドレスに見立てた食用のバラを使用したサラダ“薔薇のブーケとドレス仕立てのサラダ”など。

 

ベルと楽しむ夜会

▲2階/フレンチ&イタリアン「デュオ フルシェット」。※要予約、2名より。1名6500円(料理、フリードリンク、サービル料・税金込)。※2.5時間制。

フレンチ&イタリアン「デュオ フルシェット」では、料理長・友國稔行氏が『美女と野獣』のストーリーをイメージしたコース料理を楽しめる女子会プランを。一輪のバラに見立てた前菜から、魔法の指輪をイメージしたピッツア、日替わりパスタ、メインディッシュは白い玉葱と紫玉葱のローストにカラフルな野菜を添えたハーブチキンのグリルをカルバドス風味のソース。そして物語の結末となるデザートには「バラ庭園に佇む美女と野獣」をイメージし、バラ型に焼いたメレンゲ菓子ムラングシャンティにバラの香り立つイチゴのコンポートを添え、二人をイメージした青・黄色の食用花をトッピング。

 

ロマンティックなスイーツ

▲左◇「スイーツに囲まれたプリンセス」。2階/オールデイダイニング「樹林」。15:00~17:30(L.O.17:00)。大人1名3800円、小人(4歳~小学生まで)2600円。※サービス料・税金込。ドリンク付き。右◇「花で彩るアフタヌーンティー」。45階/スカイラウンジ「オーロラ」。14:00~17:00(L.O.16:30)。数量限定。※土日祝は13:00~。4300円。※サービス料・税金込。

プリンセス気分が味わえるスイーツも。苺のスイーツを思う存分味わえるブッフェ、優雅なアフタヌーンティーなど。

▲左◇「3Dシャドーボックスアート」展。南館2階/「ブリアン」前。2階/レストランコリドーほか。※5月31日(木)まで。右◇フラワーアーティストによるアート装飾。

ホテルの中にはたくさんのフォトスポットが。2階のスーパーブッフェ「グラスコート」やフレンチ&イタリアン「デュオ フルシェット」にはフラワーアーティストによるバラのアート装飾。また、「3Dシャドーボックスアート」展には、童話『美女と野獣』をテーマにした立体感や遠近感のシャドーボックスアートが約50点展示されています。さらに4階のウエディングサロン前にも『美女と野獣』のコーディネートがあるとのこと。

たまには忙しい日々を忘れて夢の世界を味わってみてはいかがでしょう。大人の女子会でも盛り上がりそうですよ。

【特別イベント「魅惑のアロマ&ナイトスイーツパーティ」5月21日(月)開催〈要予約〉】
アロスペシャリストの山下美紀氏による『美女と野獣』をイメージしたオリジナルアロマのテイスティング体験と、物語をテーマにしたナイトスイーツブッフェが楽しめます。
●料金:1名6800円(アロマテラピー講座、スイーツブッフェ、サービス料・税金込)
●アロマテイスティング19:00~(受付18:30~)、ナイトスイーツパーティ20:00~
●ドレスコード:童話『美女と野獣』をテーマにした装い(バラのアクセサリーやベルをイメージしたドレスなど)
●講師:山下美紀(デイリーアロマスペシャリスト、日本アロマ蒸留協会理事)
●トーク進行:ローズ麻生育子(サロネーゼカフェプロデューサー)
●イベントへのお問い合わせ・予約/03-3344-0111(代表・レストラン予約)

 

お問い合わせ・予約/京王プラザホテル●03-3344-0111(代表・レストラン予約)
URLhttps://www.keioplaza.co.jp/LP/2018/0401_beauty-beast/