NEWS
2018.03.09 OWN編集部 S木

劇場型レストラン&ラウンジ「水戯庵」が3月20日(火)グランドオープン

本物の伝統芸能を鑑賞しながら、日本の食文化を堪能できる。

日本橋に佇む由緒正しき福徳神社に隣接する福徳の森。その地下に、日本最古の芸能である“能楽”をはじめとする日本の伝統芸能を鑑賞しながら、寿司、お酒、お茶、甘味を五感で味わうことができる新感覚の劇場型レストラン&ラウンジ「水戯庵」が3月20日(火)にオープン。日本が世界に誇る水族アート展覧会「アートアクアリウム」を創り上げたアートアクアリウム アーティスト木村英智氏が手掛けています。これは期待大!

舞台では毎日、日本の伝統芸能を代表する各流派が日替わりで出演。
店内は日本が誇る巧緻を極めた伝統工芸の要素を取り入れた室礼。中央には狩野派が描いた鏡版が象徴的な三間四方の舞台が設置されている。

3月20日(火)から4月3日(火)の期間は、オープニング プレミアウィークと題し、各流派の代表的演者が出演。出演者の中には、重要無形文化財保持者(人間国宝)も多数出演。日本を代表する伝統芸能の継承者が日替わりで同じ常設舞台に立つ、史上初の試みとなるそう。

ランチタイム及びディナータイムは、「すし栄」による江戸前寿司、大坂寿司、茶巾寿司のコース料理、ティータイムには、「老松」の主菓子、「亀末廣」の干菓子と「福寿園」のお茶コースという和のアフタヌーンティーセット。いずれも江戸、明治、大正時代の時代物の膳や器で提供され、伝統芸能と一緒に楽しめます。詳しくは、ホームページにて。

 

DATA
水戯庵(すいぎあん)
東京都中央区日本橋室町 2-5-10 B1F
営業時間:11時30分~24時(L.O.23時30分) 年中無休(元旦を除く) 座席:56席
https://suigian.jp